<< 井上尚弥vsノニト・ドネア | main | デオンテイ・ワイルダーvsルイス・オルティス第2戦 >>
2019.11.22 Friday

井上尚弥がパウンド・フォー・パウンドランキング3位に

0

    先日のノニト・ドネア戦の結果を受け、リング誌のパウンド・フォー・パウンドランキングで井上尚弥選手が4位→3位にランクアップしたようです。今のリング誌のパウンド・フォー・パウンドランキングは以下の通り。試合をどう評価し、ランクをどうするかでリング誌内での意見が分かれたそうなのですが、ランキング決定の経緯を解説した記事も以下に翻訳しました。

     

    現在のリング誌のパウンド・フォー・パウンドランキング

    1位:サウル・アルバレス

    2位:ワシル・ロマチェンコ

    3位:井上尚弥

    4位:テレンス・クロフォード

    5位:オレクサンダー・ウシク

    6位:エロール・スペンス

    7位:ゲンナディ・ゴロフキン

    8位:ファン・フランシスコ・エストラーダ

    9位:アルツール・ベテルビエフ

    10位:マニー・パッキャオ

     

    【ランキング更新:井上尚弥が(議論の末に)ランクアップ】

    (11月16日、web上のアメリカ、リングマガジンの記事より)

    https://www.ringtv.com/584457-ring-ratings-update-naoya-inoues-stature-grows-after-some-debate/

     

    11月7日のノニト・ドネアに対する井上尚弥の僅差の判定勝利には、2つの見方ができるだろう。

     

    1つは、<モンスター>は、ここ5戦で3敗を喫している36歳のベテランに対し生死の境をさまよう内容の試合をし、日本人スターはどうにかパウンド・フォー・パウンドの地位を維持したという見方。もう1つは、将来のボクシング殿堂入り選手の魂のこもった挑戦を跳ね返してワールド・ボクシング・スーパー・シリーズのバンタム級トーナメント決勝において歴史的な勝利で主要2団体のタイトルを統一し、ランキングの上昇に値するという見方。

     

    リング誌内の意見は割れた。何日も(このためにランキングの更新が遅れたわけであるが)、同点の決勝戦を戦うような議論が続いた。私は、4位の井上を3位のテレンス・クロフォードの位置に格上げすべきとした。これには、納得のいかない意見もあるかもしれない。その理由も理解できる。クロフォードは3階級制覇チャンピオンであり、140ポンド(スーパーライト級)の元絶対王者。そしてボクシング界きってのエリートボクサーの一人だ。しかしながら、ビジネスとは切り離せないボクシング界にあって、クロフォードのウェルター級への転向によりキャリアの勢いは停滞している。彼はウェルター級でタイトル保持者のジェフ・ホーン(当時リング誌のウェルター級ランキングで5位)、ホセ・べナビデス・ジュニア、アミール・カーン(両者ともリング誌のウェルター級でランク外)と戦っている。クロフォードは、来月リング誌のウェルター級ランキングで8位のエビジウス・カバリャフスカスとの対戦が予定されている。

     

    現リング誌バンタム級チャンピオンの井上(19勝0敗、16KO)もまた3階級制覇王者であり、バンタム級の主要4団体の統一に向けて進みつつある。バンタム級に階級を上げてから、井上はリング誌バンタム級ランキングの2位(ジェイミー・マクドネル)、4位(ファン・カルロス・パヤノ)、3位(エマニュエル・ロドリゲスとドネア)に勝利をおさめてきており、輝かしい4階級制覇王者のドネアもほぼ打ち砕くところだった。キャリアの勢いは、私の意見では、井上にある。

     

    以下は、他の記者の意見だ。

     

    「井上尚弥は4位にとどまるべきだ。」とアンソン・ウェインライト記者。「彼とドネアの激闘は素晴らしかった。井上はこの試合から学ぶだろう。彼は初めて逆境の中戦わなくてはいけなかった。パウンド・フォー・パウンド頂点の一群にふさわしい。上位4人の差はほとんどない。」

     

    マイケル・モンテロ記者はこの意見に同意した。

     

    日本の埼玉で試合を取材したトム・グレイ記者は3位へ格上げの意見だった。

     

    「井上が4位にとどまることに反対するわけではないが、クロフォードが実力者と戦っていないのが今キャリアのダメージになり始めている。」とグレイ。「みなが知っているように、クロフォードがトップランクとESPNの契約によりウェルター級で重ねているキャリアが彼を停滞させている。しかし、我々の問題はここではない。私は井上がクロフォードを追い越して3位に値すると思う。」

     

    アダム・アブラモウィッツ記者はさらなる躍進を意見した。

     

    「井上尚弥がパウンド・フォー・パウンド1位だと思う。」

     

    マーチン・マルカヘー記者も同意した。

     

    「井上尚弥が私のナンバーワンだ。何度も繰り返されてきた、100%コントロールが効く試合でない状態でどう彼が戦うかという疑問にはもう答えが出た。彼は傷を負いながらタフな相手と戦い、ファイト・オブ・ザ・イヤー候補といえる試合でチャンピオンシップラウンドをとった。井上の戦いをみると、私は彼がベストだと感じる。今でも薬物汚染疑惑の残るカネロには、こういう感情は持てない。パウンド・フォー・パウンドの1位から6位までは差はないだろう。先ほども言ったように、証拠ではなく感覚による判断だがパウンド・フォー・パウンドとはそういうものだと思う。」

     

    ディエゴ・モリラ記者は井上のランクの変動に特に意見は述べなかったが、カネロの1位の地位にとって代わるのには反対した。

     

    「アルバレスがくだした(コバレフ)のは、7歳年上の選手で以前はパウンド・フォー・パウンドランキング入りしていた実力者。2階級階級を上げ事前の賭け率でも5−1と有利だった。」とモリラ。「アルバレスはストップ勝ちし、顔に全く傷もないままリングをおりた。」

     

    「井上がくだしたのは、こちらも以前はパウンド・フォー・パウンドランキング入りしていた相手だが、年は10歳上。おそらく井上にとってはベストの階級で、事前の賭け率は10−1で優位。負傷し、パンチも受け、誰も想像しなかった苦戦の末の判定勝利。」

     

    「私は確かに先週、もし井上が5ラウンド以内でノニトに勝利すれば、パウンド・フォー・パウンドは間違いなく彼のものだ、と言った。我々がその状況を与えられるほどの、キャリアを確定させるほどの目覚ましい勝利を彼が達成したとは言えない。カネロは1位で妥当だ。他の選手は1.1位や1.2位、1.3位と言えるほどの差だが、キャリアの達成度、長さ、戦績による証明度、防御力の点から考えるとやはりカネロが1位にふさわしい。」

     

    さらなる議論は1週間にわたって続き、井上が1位にふさわしいという断固とした意見のある一方、3位への昇格に賛成する意見や、若きスーパースターのランクアップへの意見があった。

     

    Doug Fischer筆

     

    JUGEMテーマ:ボクシング

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    ショップはこちら
    おすすめ


    リングマガジン2018年8月号



    ゴロフキンvsアルバレス第1戦Tシャツ



    ジョー・ルイスTシャツ



    ミニボクシンググローブキーホルダー


    ショップの商品カテゴリ

    マニー・パッキャオのDVD


    フロイド・メイウェザーのDVD


    マイク・タイソンのDVD


    モハメド・アリのDVD


    名勝負選シリーズDVD


    KO集DVD


    Tシャツ


    雑誌


    小物


    フェイスブックやってます
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM