<< リングマガジン 2019年9月号入荷! | main |
2019.09.04 Wednesday

ワシル・ロマチェンコvsルーク・キャンベル

0

    先日のロマチェンコvsキャンベルの海外記事を翻訳しました!

     

    ロマチェンコの試合で、西岡利晃さんが解説する時はいつも「ロマチェンコの右斜め前へのステップインがすごい」とおっしゃるので注意してみるのですが、いつもよくわかりません…。今回もがんばってみてみたのですが、やはりよくわかりませんでした!

     

    【ワシル・ロマチェンコはダウンを奪った末にルーク・キャンベルに大差の判定勝ち、WBCタイトルをコレクションに加える】

    (8月31日、web上のアメリカ、リングマガジンの記事より)

    https://www.ringtv.com/576042-vasiliy-lomachenko-outpoints-game-luke-campbell-adds-wbc-lightweight-title-to-collection/

     

    <ハイテク>のワシル・ロマチェンコは仕事をこなし、やるべきことをやり遂げた。

     

    ウクライナ出身のパウンド・フォー・パウンドランキング1位のロマチェンコは、衝撃をあたえるほどではなかったがエネルギッシュに効率的に動き、同じくオリンピック金メダリストのルーク・キャンベルにO2アリーナにて12ラウンド判定勝利をおさめた。この勝利で、ロマチェンコは空位のWBCタイトルを獲得し、ライト級のタイトルをさらに増やすこととなった。採点は119−109、118−109、118−109だった。

     

    ライト級でリング誌チャンピオンにランクされるロマチェンコは、11ラウンドに恐るべきボディへの連打でくたびれたキャンベルにダウンを与えた。しかし勇敢なキャンベルは、負けはしたものの熱心ながんばりを経て最終ゴングまでたどりついた。このパフォーマンスでキャンベルの評価は上がっただろうが、勝者は一人だった。

     

    「もちろんうれしいし、応援に来てくれたみなに感謝したい。」とロマチェンコ(14勝1敗、10KO)は試合後のインタビューで語った。「(WBCの)タイトルを獲得できた。統一戦を戦って(他団体と)タイトルを統一したい。」

     

    注意深い立ち上がりだった。しかし、キャンベルは鋭い左をヒットさせ、パウンド・フォー・パウンドキングから敬意のうなずきを引き出す最高の1ラウンド目をつくった。キャンベルは、序盤のラウンドは長い距離からの攻撃を成功させ続け、フェイントやフットワークはロマチェンコを試すようだった。

     

    避けることのできないマトリックスへのシフトは、4ラウンドに起こった。ロマチェンコはキャンベルの右ジャブを軽々とかわし、インサイドから素晴らしいシングル、ダブルのパンチを顔面、ボディにヒットさせた。キャンベルは体勢を崩さなかったが、これは偉大なロマチェンコのできることの前触れでしかなかった。

     

    ロマチェンコはこの成功を5ラウンド目も持続させ、試合中のベストパンチ2発を放った。暴力的なまでのあごへの左ストレートの連打である。この針のように鋭いパンチがあたり、ロマチェンコはさらにボディブローを続けてキャンベルに大きなダメージを与えた。ラウンド終盤にはほぼダウンの状態で、キャンベルはあえぎながらコーナーへ戻った。

     

    ここに至っては、もはや「ロマチェンコ・ショー」となりつつあったが、キャンベルも勇敢に打ち返し続けていた。彼の最高の瞬間は7ラウンドに訪れた。相手に鋭い左カウンター2発をヒットさせ、ホームのサポーターを熱狂させた。しかしながら、この成功はロマチェンコに火をつける結果となっただけで、ロマチェンコは素晴らしい技術をもって応戦してきた。このパターンはこのあとも試合中続いた。キャンベルは確かにある程度の成功はみせたが、利子がついて返ってきた。

     

    今やWBA、WBC、WBOのタイトル手にしたロマチェンコがライト級の絶対的地位を得るために望むのは、リチャード・コミーの持つIBFのベルトだけである。もしタイトル統一が達成されれば、約30年前に偉大なパーネル・ウィテカーが成し遂げて以来となる。強打のコミーは、12月14日にマディソン・スクエア・ガーデンにて指名挑戦者のテオフィモ・ロペスと対戦する予定だが、これはコミーにとって重要な試練となるだろう。この試合でどちらが勝つにしても、有力な対戦相手としてロマチェンコが上がってくるのは間違いない。

     

    31歳のキャンベル(20勝3敗、16KO)は、この試合でできたことは絶対的に何もなかったという事実に慰めを得るしかない。素晴らしいボクサーであるキャンベルだが、2度の世界タイトルへの挑戦に関しては悲しいまでに運がない。2017年9月にホルヘ・リナレスに挑戦する少し前、キャンベルの父親が長く勇敢ながんとの闘いの末世を去った。そして再びポイントでの勝利が閉ざされた。今夜彼は、ただ世代随一となるであろう圧倒的な才能を目の前にしてしまっただけだ。キャンベルは再び復活するだろう。

     

    Tom Gray筆

     

    ▼こちらの記事も参考にしてください

    ワシル・ロマチェンコvsホセ・ペドラサ

     

    JUGEMテーマ:ボクシング

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    ショップはこちら
    おすすめ


    リングマガジン2018年8月号



    ゴロフキンvsアルバレス第1戦Tシャツ



    ジョー・ルイスTシャツ



    ミニボクシンググローブキーホルダー


    ショップの商品カテゴリ

    マニー・パッキャオのDVD


    フロイド・メイウェザーのDVD


    マイク・タイソンのDVD


    モハメド・アリのDVD


    名勝負選シリーズDVD


    KO集DVD


    Tシャツ


    雑誌


    小物


    フェイスブックやってます
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM