<< 女性のお客様に… | main | デオンテイ・ワイルダーvsタイソン・フューリー >>
2018.11.30 Friday

リング誌のパウンド・フォー・パウンドランキング その12

0

    こちらのブログではけっこうマメにお伝えしていたつもりのリング誌のパウンド・フォー・パウンドランキング。今年1年を振り返る上でおさらいしておこう!と思ったのですが、前回ランキングをお伝えしたのは昨年の10月が最後だったということが調べていてわかりました。

     

    その時と比べるとずいぶん変動ありました。一番大きかったのは、ゲンナディ・ゴロフキンがサウル・アルバレスとの再戦で敗れたこと。昨年は1位にランクされていたゴロフキンがランクを落とす中、1位にランクされたのは…。ランキングは以下の通り!

     

    1位:ワシル・ロマチェンコ(11勝1敗、9KO) ウクライナ

    WBA、リング誌ライト級タイトル、WBOスーパーフェザー級タイトル

     

    2位:テレンス・クロフォード(34勝0敗、25KO) アメリカ

    WBOウェルター級タイトル

     

    3位:サウル・アルバレス(50勝1敗2分、34KO) メキシコ

    WBA、WBC、リング誌ミドル級タイトル

     

    4位:オレクサンダー・ウシク(16勝0敗、12KO) ウクライナ

    WBA、WBC、IBF、WBO、リング誌クルーザー級タイトル

     

    5位:ゲンナディ・ゴロフキン(38勝1敗1分、34KO) カザフスタン

     

    6位:井上尚弥(17勝0敗、15KO) 日本

     

    7位:マイキー・ガルシア(39勝0敗、36KO) アメリカ 

    WBC、IBFライト級タイトル

     

    8位:シーサケット・ソールンビサイ(47勝4敗1分、41KO) タイ

    WBC、リング誌スーパーフライ級タイトル

     

    9位:エロール・スペンス(24勝0敗、21KO) アメリカ

    IBFウェルター級タイトル

     

    10位:ドニー・ニエテス(41勝1敗5分、23KO) フィリピン

     

    昨年9月、当時パウンド・フォー・パウンドランキング1位にランクされていたアンドレ・ウォードが引退し、新しいパウンド・フォー・パウンドとしてゴロフキンが1位にランクされていました。ゴロフキンは今年9月のサウル・アルバレスとの再戦で敗れ、ロマチェンコが新たな1位になりました。

     

    ロマチェンコが評価されたのは、おそらくホルヘ・リナレスへのノックアウト勝利。ロマチェンコは、昨年の時点ではテレンス・クロフォードに次ぐ3位にランクされていました。クロフォードを飛び越えて1位を得るだけの評価が今年のこれまでの試合にあったということになりますね。

     

    ▼以下の記事も参考にしてください

    新しいパウンド・フォー・パウンドは

     

    JUGEMテーマ:ボクシング

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    ショップはこちら
    おすすめ


    リングマガジン2018年8月号



    ゴロフキンvsアルバレス第1戦Tシャツ



    ジョー・ルイスTシャツ



    ミニボクシンググローブキーホルダー


    ショップの商品カテゴリ

    マニー・パッキャオのDVD


    フロイド・メイウェザーのDVD


    マイク・タイソンのDVD


    モハメド・アリのDVD


    名勝負選シリーズDVD


    KO集DVD


    Tシャツ


    雑誌


    小物


    フェイスブックやってます
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM