2019.02.13 Wednesday

井上尚弥の次戦は5月18日

0

    バンタム級で快進撃を続けている井上尚弥選手。昨年10月のファン・カルロス・パヤノへの勝利でワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の準決勝へ勝ち上がりました。その準決勝の日程が5月18日に決まったとのこと。相手は同じく準決勝へ勝ち上がってきたプエルトリコのエマニュエル・ロドリゲス。

     

    アメリカのファンも注目の一戦なようで、記事へのコメントには期待の声が並んでいました。そして開催地がスコットランドということで、アメリカのファンは時差があまりなく「試合をみるために一晩中起きていなくてもいいからよかった」と言っていますが、日本のファンは夜更かし、あるいは早朝からみることになりそう…?

     

    【エマニュエル・ロドリゲスvs井上尚弥のWBSS準決勝は5月18日、グラスゴーにて】

    (2月12日、web上のアメリカ、リングマガジンの記事より)

    https://www.ringtv.com/554377-emmanuel-rodriguez-naoya-inoue-wbss-semi-final-bout-set-for-glasgow-on-may-18/

     

    日本人のパウンド・フォー・パウンドスター、井上尚弥がIBFバンタム級タイトルをかけてエマニュエル・ロドリゲスに5月18日、スコットランドグラスゴーで挑戦することが決まった。試合は、IBFスーパーライト級タイトルマッチのイバン・バランチクvsジョシュ・テイラーと同じ興行で開催される。

     

    リング誌のバンタム級タイトルで3位にランクされるロドリゲスは、昨年10月20日、フロリダのオルランドでジェーソン・モロニーに大差の判定勝利をおさめWBSSの準決勝へ勝ち上がった。

     

    世界タイトルを持ってるにも関わらずプエルトリコ出身のボクサーパンチャーであるロドリゲスは、破壊的な進化を見せ続けている井上に対し力のあるアンダードッグとならざるを得ない。

     

    「この時を待ち続けていた。」とロドリゲス(19勝0敗、12KO)。「私はいつも最強の相手を戦いたいと思ってきた。そして今、メディアやファンに最強と考えられているボクサーと戦うことができる。これは私のチームにとっても、プエルトリコにとっても大きなモチベーションだ。このチャンスをものにしたい。」

     

    「勝利を手にしたい。スコットランドでプエルトリコを輝かせたい。勝ち進んでアリ・トロフィーを持ち帰る自身はある。」

     

    リング誌でバンタム級1位にランクされる井上は、昨年10月10日に元チャンピオンのファン・カルロス・パヤノをたった70秒で粉砕している。これは、<モンスター>にとって連続2度目の1ラウンドノックアウト勝利であり(1度目はジェイミー・マクドネル相手にだった)、どちらの相手もそれまでノックアウト負けを喫したことのない選手だった。

     

    「目標は、栄誉あるアリ・トロフィーを手に入れて自分がバンタム級世界最強を証明することだ。」と井上(17勝0敗、15KO)。「多くのファンの前で英国で戦えるのが待ちきれない。彼らに<モンスター・パフォーマンス>を見せたい!」

     

    「この素晴らしい対戦は、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズの目玉となるだろう。」と主催者。

     

    「2人の無敗の世界チャンピオン、2人の卓越したアスリートが、アリ・トロフィーが勝者を待つワールド・ボクシング・スーパー・シリーズの決勝へ進むために全てをかけてくる。これ以上のものはないだろう。」

     

    Tom Gray筆

     

    ▼こちらの記事も参考にしてください

    井上尚弥vsファン・カルロス・パヤノ

    井上尚弥vsジェイミー・マクドネル

     

    JUGEMテーマ:ボクシング

     

    2018.12.19 Wednesday

    ワシル・ロマチェンコvsホセ・ペドラサ

    0

      5月にホルヘ・リナレスに勝利してWBAライト級タイトルを手に入れたロマチェンコ。WBOタイトル統一を目指してホセ・ペドラサと戦い、見事に王座統一に成功しました。以下の記事では対戦相手としてマイキー・ガルシアの名前が挙げられていますが、現在リング誌のパウンド・フォー・パウンドランキングで1位にランクされるロマチェンコの今後には注目です。

       

      【ワシル・ロマチェンコはホセ・ペドラサを2度ダウンを与え、判定勝利でライト級王座統一】

      (12月8日、web上のアメリカ、リングマガジンの記事より)

      https://www.ringtv.com/549878-vasyl-lomachenko-drops-jose-pedraza-twice-unifies-lightweight-belts-by-decision/

       

      メインイベントの拮抗した10ラウンドを通じ、記者席では先週と同じ(ワイルダーvsフューリーの)ような僅差の、接戦の判定の予感が漂っていた。それを11ラウンドにワシル・ロマチェンコは覆した。

       

      ラウンドを通じ、ロマチェンコはプレッシャーを強めると同時にパンチを打ちこんだ。あらゆる角度からの絶え間ない集中砲火に続いたボディへの左フックで、ペドラサはひざをついた。

       

      その時点までは人生最高のボクシングを展開していたペドラサは、カウントを打ち破って立ち上がったが、直後に再びダウンした。ペドラサはそのカウントを有効に活用し、ラウンド終了のゴングが彼を救った。

       

      ロマチェンコはさらにギアを上げて攻撃に集中し、12ラウンドをものにして試合終了のゴングが鳴った。ジャッジは2人が117−109、1人が119−107をつけ、全員がロマチェンコ(12勝1敗、9KO)の勝利を支持した。ロマチェンコは自身の持つWBAタイトルに加えペドラサ(25勝2敗、12KO)の持つWBOタイトルをマディソン・スクエア・ガーデンのザ・シアターで手に入れた。

       

      30歳のロマチェンコにとって、試合は2014年の11月にプロ4戦目として行われたチョンラターン・ピリヤピンヨー戦以来の判定となった。プエルトリコ、カグアス出身の29歳のペドラサは2017年にジャーボンテイ・デービスに9ラウンドTKO負けを喫して以来3連勝を記録していた。

       

      「タイトル統一は私の夢だった。これを目標としていた。これからは次の目標に集中できる。」とウクライナ出身のロマチェンコ。5月にホルヘ・リナレスに10ラウンドTKO勝ちしてから手術を受けた右肩には何も問題は残っていないとも語った。

       

      8月にレイムンド・ベルトランに勝利しベルトを獲得したペドラサは、序盤のラウンドにはロマチェンコのボクシングについて行っていた。ロマチェンコはスタミナを温存した動きではあったが、左ストレートを放つ際は的確で効果的だった。

       

      拮抗したラウンドごとに距離を変化させながら、ペドラサはロマチェンコと対峙するに十分な多彩さをみせ、頭やボディにこれまでのロマチェンコの対戦相手の中では最もパンチをヒットさせることができた。強靭な10ラウンドが終わり、それからはロマチェンコの時間だった。

       

      試合後のインタビューで、ロマチェンコは最も意欲の沸く対戦を望んでいると繰り返していたが、現時点でもそれは遠く離れたもののように思われる。

       

      「おそらく来年にはマイキー・ガルシアとの試合が実現するかもしれない。」とロマチェンコは、3月に2階級上げてエロール・スペンスと対戦する無敗の選手を名指しした。

       

      負けてなお、復帰路線を歩むにあたってペドラサの株は上がったかもしれない。

       

      「今夜の自分のパフォーマンスには満足している。世界最高の選手と12ラウンド戦うことができた。次にやらなくてはいけないことは分かっている。」と、ノックダウンがあるまでは試合は拮抗していたと考えるペドラサは語った。

       

      「一日が終わって、自分のしたことを誇りに思う。」

       

      試合はマンハッタンのミッドタウンに5312人が集い、トップランク主催としてESPNで中継された。

       

      Ryan Songalia筆

       

      ▼以下の記事も参考にしてください

      ワシル・ロマチェンコvsホルヘ・リナレス

       

      JUGEMテーマ:ボクシング

      2018.12.05 Wednesday

      デオンテイ・ワイルダーvsタイソン・フューリー

      0

        激戦となったワイルダーvsフューリーのヘビー級タイトルマッチ!以下の記事では、ダウンがなければフューリーが勝っていた内容の試合、というスタンスで書かれています。戦前の予想に反する接戦に、再戦は必至との声が高くなりそうです。

         

        【タイソン・フューリーはデオンテイ・ワイルダーのパンチによる2度のダウンを生き延び、接戦の引き分けへ】

        (12月1日、web上のアメリカ、リングマガジンの記事より)

        https://www.ringtv.com/548927-tyson-fury-survives-two-knockdowns-at-hands-of-deontay-wilder-settles-for-controversial-draw/

         

        タイソン・フューリーは、すでにデオンテイ・ワイルダーの右パンチによりキャンバスへと粉砕されていた。そして、さらなる左フックが彼を沈めた。

         

        6フィート9インチ(約206cm)、256.5ポンド(約115.4kg)の体格のフューリーは、自身の勝ちにつながっていたであろう試合の最終ラウンド残り時間わずかのところで倒れた。彼は動かなかった。レフェリーのジャック・リースがカウントを始めた。ワン、ツー。スリー、生還の兆候はなかった。フォー、ファイブ…そして、突然、フューリーは葬儀屋の脚本を破り捨て、まるでびっくり箱のように立ち上がった。一体全体どうやってフューリーは、ボクシング界で最も危険なヘビー級の強打者の鋭いパンチ2発を生き延びたのだろうか?

         

        フューリーは、ただ立ち上がっただけではなかった。彼はワイルダーに距離をつめ始め、12ラウンドの終盤にはワイルダーをピンチに陥らせさえした。フューリーという選手はいなくなってはいなかった。彼はここで終わりになるには長すぎる道のりを歩んできた。2015年にウラジミール・クリチコへの勝利で世界に衝撃を与えたあと、正当な世界チャンピオンであったフューリーは体調の落ち込みと薬物乱用の騒動の際2年半近くリングに上がっていなかった。一時は400ポンド(約180kg)近くまで体重が増えていた。

         

        そして3年後、フューリー(27勝0敗1分、19KO)は、ショウタイムのペイ・パー・ビューによる世界ヘビー級タイトルマッチという最高のステージに上がることになる。英国人の彼は、ステープルズ・センターに集った17698人のファン、その多くは英国から彼を応援するためにやって来ていた、彼らの前で素晴らしいパフォーマンスを披露した。しかし、勝利をつかむことはできなかった。

         

        その代わり、試合は議論の余地のある三者三様の引き分けとなった。ジャッジの一人は114−110でフューリー、一人は115−111でワイルダー、一人は113−113で引き分けとつけた。ワイルダーの与えた2度のダウン、そして9ラウンド目には相手を防戦一方とさせる場面もあり、ワイルダーがヘビー級タイトルを確実に守ったであろうと思わせた。しかしながら、一夜の主役となったのは、フューリーだった。

         

        「力は出し尽くした。私は2度ダウンした。しかし試合は自分が勝ったと信じている。」と30歳のフューリーは語った。「世界中の人が、勝ったのは私だと分かっている。3年近くリングから離れていた自分がここまでやれたことを誇りに思いたい。今夜は決してノックアウトさせるつもりはなかった。戦うハートをみせられた。今夜はここに来て精一杯戦った。」

         

        「再戦の可能性は100%だ。我々は二人の偉大なチャンピオンだ。自分とワイルダーの二人は、は地球上で最も優れたヘビー級選手だ。」

         

        フューリーは、試合開始化から長いジャブを素早くヒットさせ試合をコントロールした。彼はリードブローを大変効果的に利用した。6フィート7インチ(約201cm)の体格で、相手から打たれることに慣れていないワイルダーから距離をとった。フューリーは絶えず動き、足を使って後ろに下がるボクシングに徹した。それはパンチに威力が備わらないことを意味したが、それでも彼は1ラウンドの終わりに向かってワイルダーにダメージを与えた。彼は立ち位置を選んで動きながら、効率的にパンチを放っていた。

         

        ワイルダー(40勝0敗1分、39KO)は、試合の間中一発パンチを模索し続けていた。33歳で、自身の持つヘビー級タイトルの8度目の防衛戦を迎えたワイルダーは、困惑していた。彼はただ答えをみつけられなかっただけだった。フューリーがポイントを積み上げていっている、あるいはそのように思われたとしてもそれを互角に持っていく糸口をみつけることはできなかった。

         

        「パンチを急ぎすぎた。」と、リング誌のヘビー級ランキングで2位にランクされるワイルダーは認めた。「いつもはしないことだ。落ち着くことができなかった。忍耐強くチャンスを待つのではなく、パンチをあえて振りすぎてしまった。本当に相手を倒したかった。ファンが望むものをみせたかったんだ。」

         

        「2度のダウンがあったから、絶対に自分が勝ったと思っている。右パンチを大振りし始めてしまい、修正することができなかった。」

         

        212.5ポンド(約95.6kg)の<ブロンズ・ボマー>(ワイルダーのニックネーム)は、相手とは44ポンド(約19.8kg)の体重の開きがあった。しかし、お互いが至近距離で打ち合うことはほとんどなかったので体重は関係なかった。

         

        <ジプシー・キング>(フューリーのニックネーム)は、ワイルダーのジャブにより出血した鼻を抱えながら試合のほとんどを戦わなくてはいけなかった。しかし、ワイルダーも問題を抱えていた。ワイルダーの左目は試合の中盤には腫れてふさがり始め、時点においても自慢の右をヒットさせられずにいた。

         

        フューリーはたびたびワイルダーをあざけってみせた。舌を突きだし、手を後ろに隠し、ワイルダーに攻撃してくるようけしかけた。ワイルダーの顔はフラストレーションで紅潮し、フューリーは簡単にアウトボクシングを続けることができた。7ラウンド目、フューリーはワイルダーに大きなパンチをヒットさせた。ワイルダーは強烈なパンチを振りまわして応戦したが、フューリーは簡単にダッキングでかわした。そして、ついにその瞬間が来る。

         

        ワイルダーのヒットさせた左フック、つづくこめかみへの右でフューリーはダウンし、戦略的な試合内容はひっくり返された。フューリーがレフェリーのジャック・リースのカウントを冷静に聞く間、緊張感は高まるばかりだった。彼はテンカウントされることなく立ち上がった。しかし、明らかに足はふらついていた。ワイルダーは勝利を確定的にしようと襲いかかった。

         

        ワイルダーは3月、ルイス・オルティスを10ラウンドにノックアウトした試合では採点で負けていた。今、フューリーはふらふらだ。ワイルダーはフューリーを素早くロープに押し込み、あらゆる無謀なパンチにも全力を込めて放った。どうにかして、フューリーは棒立ちにさせられた猛攻の中左フックのカウンターをワイルダーに浴びせた。彼は腕を大きく広げ、「来い!」と叫んだ。そしてラウンドが終わるころには、フューリーが完全に意識を取り戻したのは明らかだった。

         

        ふらついたフューリーの状態はクエスチョンのままだった。彼はここ3年間で2度しか試合をしておらず、同国人のセフェル・セフェリとフランセスコ・ピアネタに勝利している。しかし試合が進むにつれてフューリーがスローダウンすることはなかった。10ラウンド目にはワイルダーを後退させ始めさえした。それまでのラウンドで試合を終わらせようとしてパンチを振りまわし、疲れているのはワイルダーのほうだった。エネルギー切れのワイルダーは繰り返しワンツーを浴びた。ワイルダーの時間は終わっていた。

         

        もちろん、彼の時間は12ラウンド目に再び訪れる。ワイルダーは勝利を手にしなかったが、面目は保った。とにかく、引き分けに逃げ込むことができたのだ。今や、再戦によるより多くの富が両選手を待っている。

         

        「我々は世界最高峰の選手たちで、今夜それを証明した。」とワイルダー。「勇敢な戦士が二人いれば素晴らしい試合がみられる。それが我々が今夜証明したことで、もう一度戦う準備はできている。再戦で、絶対に彼をノックアウトする。」

         

        Mike Coppinger筆

         

        JUGEMテーマ:ボクシング

        2018.10.30 Tuesday

        ロブ・ブラントvs村田諒太

        0

          ちょっと遅れてしまいましたが、先日アメリカで行われたロブ・ブラントと村田諒太の試合の海外記事をご紹介します。記事では、試合結果を「番狂わせ」としながらも、ゴロフキン戦を示唆していた村田選手に対し「名は知られてはいないが実力のあるアメリカ人のミドル級選手に100%集中するべきだった」としています。

           

          【ロブ・ブラントが村田諒太に番狂わせの勝利。日本人スターを一方的な判定で下す】

          (10月20日、web上のアメリカ、リングマガジンの記事より)

          https://www.ringtv.com/546089-rrob-brant-upsets-ryota-murata-scores-lopsided-decision-over-japanese-star/

           

          ロブ・ブラント戦に先立ち、村田諒太はビッグマネーファイトとなるゲンナディ・ゴロフキンとの試合の可能性について話していた。日本人のスターは、名は知られてはいないが実力のあるアメリカ人のミドル級選手に100%集中するべきだった。

           

          28歳、ミネソタ州セント・ポールの出身のブラント(24勝1敗、16KO)は、昨年10月にユルゲン・ブリューマー相手に喫した判定負けから返り咲き、6年にわたるプロキャリアの中で最も大きな勝利を手にした。試合はネバダ州ラスベガス、MGMパーク内のパークシアターで行われた。

           

          攻撃的ではあるがワンパターンなWBAの「レギュラー」タイトル保持者相手に、12ラウンド通じてエンターテイメント性のある内容となった試合でブラントはアウトボクシングをし、試合を巧みにコントロールした。ラウンドごとに平均して100発のパンチを放ち、2人が119−109、1人が118−110をつけた採点で3−0の判定勝利をおさめた。

           

          「そんなに多くのパンチを振っていたとは思わなかった。」とブラントは試合後のESPNのインタビューで語った。「自分はパンチの数を考えてはいなかった。ただ勝つことを考えていた。ただ、彼相手に距離をとることは勝利への鍵だとは思っていた。」

           

          1ラウンド目、ブラントは村田の鼻から出血させ、2012年オリンピック金メダリスト出身のチャンピオンの左目の下をカットさせた。出血と顔の腫れで村田(14勝2敗、11KO)が困ることはなかったようにみえ、試合の間中まるで殺人鬼のようにブラントを狙い序盤のラウンドでは笑顔をみせてさえいた。

           

          「笑顔は気にしなかった。」とブラント。「それで自分が相手にダメージを与えているんだと知ることができた。彼の白いマウスピースに血がしたたり落ちているのをみて彼をとらえられているんだと知ることができた。彼の笑顔は自分を奮い立たせただけだった。」

           

          ブラントは奮い立つ必要があった。昨年5月に議論の余地のある判定で敗れてから、10月にアッサン・エンダム相手に7ラウンドKO勝利でWBAタイトルを獲得した村田は、中盤のラウンドで盛り返したからだ。プレッシャーをかけ続ける村田は、5ラウンド目に強いワンツーのコンビネーションのあと左パンチをボディにあて、ブラントを乱打戦に追い込んだようにみえた。つづく2ラウンドの間、ブラントは勇敢にもワンツーのコンビネーションで打ち返した。しかし試合がさらに消耗戦になっていく中、より身体的に強い選手が優勢なように思われた。しかし村田は身体的にも精神的にもブラントを打ち負かすことはできなかった。

           

          ブラントは試合後半のセカンドウィンドをつかみ、手数の多いジャブと横への動きを取り戻した。最終ラウンド、もはや笑顔のない村田相手にブラントは正面に立ち、相手の得意とする右パンチに合わせて2〜3発のコンビネーションをヒットさせ頭をのけぞらせた。

           

          大きな番狂わせで2度目のタイトルを獲得したブラントが次にターゲットとするのは誰か、ときかれてブラントは村田と同じ落とし穴にはまらないことを選んだ。

           

          「私が勝利して前に進むために大事なことは、遠いところをみるのではなくただ目の前にあるものに集中することだ。」とブラントは語った。

           

          Doug Fischer筆

           

          JUGEMテーマ:ボクシング

          2018.10.11 Thursday

          井上尚弥vsファン・カルロス・パヤノ

          0

            これは、大変な勝ち方でした!井上尚弥選手がファン・カルロス・パヤノを1ラウンドでノックアウトし、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズの準決勝へ勝ち進みました。

             

            アメリカの記事でも週末のボクシングの話題は井上選手でもちきりで、「あのタフなパヤノ相手にこのノックアウトはすごい」「間違いなく2018年のノックアウト・オブ・ザ・イヤーの筆頭候補だ」「あのワンツーはほぼ完璧」と、色々な記事で称賛の言葉がみられました。

             

            【井上尚弥はファン・カルロス・パヤノを70秒で粉砕。WBSSバンタム級トーナメントの幕を上げた】

            (10月7日、web上のアメリカ、リングマガジンの記事より)

            https://www.ringtv.com/545370-naoya-inoue-blows-away-juan-carlos-payano-in-70-seconds-to-open-wbss-bantam-tourney/

             

            2度のバンタム級の試合で、2度の1ラウンドノックアウトだった。

             

            井上尚弥は元チャンピオンのファン・カルロス・パヤノを短時間でノックアウトし、自身のパンチがバンタム級に見合うものだと再び示した。タフなドミニカ人のパヤノをピンポイントのワンツーでダウンさせ、10月7日、横浜アリーナの試合で勝利を飾った。

             

            オフィシャルタイムは1分10秒。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズの準決勝に目覚ましい勝ち方で駒を進めた。

             

            井上(17勝0敗、15KO)は108ポンド(ライトフライ級)と115ポンド(スーパーフライ級)の元WBOチャンピオンであったが、5月にジェイミー・マクドネルへのたった45秒での勝利で118ポンド(バンタム級)への扉を開いた。

             

            パヤノ(20勝2敗、9KO)は井上より9歳年上の34歳だが、以前2016年にルーシー・ウォーレンに2−0の判定で敗れて以来の敗戦となった。

             

            「シリーズの幕開けをこのような形で勝つことができてとてもうれしい。ただ、これはまだ第1回戦だ。」と試合後井上は語った。「2回戦が控えている。そこでもいい試合をみせたい。」

             

            118ポンド(バンタム級)でWBAの「レギュラー」タイトルを持つ井上は、IBFバンタム級チャンピオンのエマニュエル・ロドリゲスと対戦するであろうと示唆した。これは10月20日に無敗のオーストラリア人挑戦者のジェイソン・モロニーとの対戦をロドリゲスが勝利してのことである。そして井上の次戦は2度目となる海外での試合になることが予想されている。

             

            その前に、10月13日にはゾラニ・テテがミーシャ・アロイヤンに対しWBOバンタム級タイトルの防衛戦を行い、もうひとつの準々決勝として11月3日にはスコットランドでライアン・バーネットがノニト・ドネア相手にWBAバンタム級スーパータイトルの防衛戦が予定されている。

             

            試合の前座では、WBCライトフライ級チャンピオンの拳四朗が、元IBFチャンピオンのミラン・メリンドにキャリア初のダウンを与え、4度目の防衛に成功した。

             

            傷が再びメリンドを追い詰めた。彼の短期間の戴冠は、昨年の試合では出血により邪魔された。今回は6ラウンドに左目の上に開いた傷で、これにより拳四朗の右パンチが7ラウンドには繰り返しヒットするようになった。メリンドはラウンド中に何度も血をぬぐったが、出血がひどくなりドクターとレフェリーが2分47秒で試合をストップした。

             

            この時点で、ジャッジの採点は3者とも59−55と拳四朗を支持していた。

             

            メリンドは3度目の挑戦で2017年5月に八重樫東に1ラウンドノックアウトでタイトルを獲得し、ヘッキー・ブドラーに2−1の判定勝利で防衛したのち、再度の日本での試合で大晦日に田口良一に3−0の判定で敗れタイトルを失っていた。

             

            Ryan Songalia筆

             

            ▼こちらの記事も参考にしてください

            井上尚弥vsジェイミー・マクドネル

             

            JUGEMテーマ:ボクシング

            Calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            2425262728  
            << February 2019 >>
            ボクシングファン必見の商品、多数取り揃えています
            おすすめ


            リングマガジン2018年8月号



            ゴロフキンvsアルバレス第1戦Tシャツ



            ジョー・ルイスTシャツ



            ミニボクシンググローブキーホルダー


            ショップの商品カテゴリ

            マニー・パッキャオのDVD


            フロイド・メイウェザーのDVD


            マイク・タイソンのDVD


            モハメド・アリのDVD


            名勝負選シリーズDVD


            KO集DVD


            Tシャツ


            雑誌


            小物


            フェイスブックやってます
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM